menu menu

ブログ

ブログ

ブログ

ブログ

2017.03.20

既存障害と後遺障害認定

過去に自動車事故でむち打ち損傷の被害に遭い、首の痛みで後遺障害等級14級の認定を受けたとします。

その後に数年が経ち、首の症状も改善し、首の痛みは消失していたとします。しかし、その後に再び自動車事故で首を受傷し、首の痛みが残ったとします(12級に認定されるレベルではないという前提です。前回の症状が14級相当で、今回の事故により12級相当の症状を残した場合は、12級の認定が受けられます。)。

その場合、再び首の痛みで14級の後遺障害等級認定が受けられるのでしょうか?

このような場合は、原則として、自賠責で14級の後遺障害等級認定を受けることはできません。

自賠責では、将来においても回復が困難と見込まれる障害を後遺障害と定義し、それに該当するものだけを後遺障害として認定しています。したがって、前述の設例のような場合には、原則として、再び14級認定を受けることはできません。

後遺障害認定される可能性があるとすると、前回の事故では首の痛みのみで14級認定を受けており、今回の事故では首の痛みに加え上肢の痺れが出現したような場合です。この場合、上肢の痺れについて14級認定を受けられる可能性があります。

また、後遺障害認定は、損害保険料率算出機構という組織が行うのですが、JA共済だけはそれとは別組織で独自に後遺障害認定を行っています。つまり、自賠責がJA共済の場合とそれ以外の場合とでは、後遺障害認定を行う機関が異なるわけです。したがって、前回の事故で使用した自賠責がJA共済以外の場合で、今回の事故で使用する自賠責がJA共済の場合には、認定する機関が異なるため、設例のような場合でも、14級の後遺障害が認定される可能性があります(実際に私もそのような経験をしたことがあります。)。ただし、このような場合でも、自賠責保険・共済紛争処理機構に対し紛争処理申請を行う場合には、そのようなわけにはいかないようです。

なお、自賠責では上記のような結論になるとしても、実際には前回の後遺障害は消失していたわけですから、裁判手続においては、そのような実態を考慮し、再び後遺障害に対する賠償が認められる可能性はあります。

 

交通事故のダメージを乗り越え、前向きな再出発ができるよう

榎木法律事務所は3つの約束をします。

  • 一人ひとりを大切に、納得のいく解決を一緒に考える一人ひとりを大切に納得のいく解決を一緒に考える
  • 多数の実績を通じて得た「安心感」多数の実績を通じて得た「ノウハウの活用」
  • 長い人生の相談相手として、信頼し合える関係の構築を目指す長い人生の相談相手として信頼し合える関係の構築を目指す

弁護士 榎木貴之

無料相談のご予約はこちらから

052-433-2305【受付時間】9:30〜18:30(平日)10:00〜18:00 (土曜) 夜間・土日祝日受付窓口のご案内

相談予約・お問い合わせ

榎木法律事務所

〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目13-7 西柳パークビル2F

052-433-2305【受付時間】9:30〜18:30(平日)10:00〜18:00 (土曜)

無料相談予約

夜間・土日祝日受付窓口のご案内

ページの先頭へ

ホーム

© 榎木法律事務所 All Rights Reserved.

© 榎木法律事務所 All Rights Reserved.