menu menu

解決事例

解決事例

私の解決事例のご紹介

賠償金額の増額だけではなく、
相談者一人ひとりが事故を乗り越え
再出発
できるための解決実績。

case
1

自賠責後遺障害等級11級でも将来介護費用が認定された事例

Oさん

自賠責後遺障害等級は11級でも、入院等に伴う廃用の影響を考慮し、将来介護費用が認められた事例

事件内容

Oさんは、交通事故によって骨折し、長期間の入院を余儀なくされました。
骨折部分は癒合したのですが、ご高齢であったことから、長期間の入院等の影響で筋力低下が進み、介護を要する状態になってしまいました。

ご相談者様のお悩み

自賠責保険における後遺障害等級は11級であり、それだけを見ると、介護費用の認定は難しいようにも思われます。
弁護士が交渉しましたが、保険会社も十分な介護費用の支払には応じませんでした。

解決内容

後遺障害等級が高い場合(1ないし3級)であれば、介護費用を認めさせるのはそれほど難しい話ではないと思います。
しかし、11級となると、随分と話が違います。
裁判例を調べましたが、当時は、あまり参考になるような例も見当たりませんでした。
確かに後遺障害等級こそ低いですが、ご高齢の方であれば、入院に伴って急激に筋力が低下し、歩けなくなることも珍しくはないはずです。
そういった当たり前の因果関係すら認められないのはおかしい、弁護士として何とかしなければならないと考え、訴訟提起をしました。
解決までには時間がかかりましたが、裁判所も、ある程度の将来介護費用を認定してくれました。
この事案は、ご高齢の方が交通事故に遭って入院し、その間に廃用が進んでしまった場合に参考になるものです。
加齢とともに体の機能が徐々に衰えてしまうのはやむを得ないと思いますが、交通事故によってその進行が数年早くなったといえる場合は珍しくないはずです。
認めさせるのは簡単ではないと思われますが、後遺障害等級が低くても介護費用の認定を簡単にあきらめる必要はないことを示す良い例だと思います。

case
2

後遺障害非該当・相手方免責主張の状態から、訴訟を通じ多額の賠償金等の回収へ

Kさん 

相手方が責任を争い(免責主張し)、後遺障害非該当の状態から、訴訟を通じ多額の賠償金等を回収した事例

事件内容

信号のある交差点における自動車同士の出会い頭事故によって、Kさんが受傷しました。
信号の色を巡る主張が対立しており、相手方は免責を主張しました。
また、Kさんは、ご自身で後遺障害の申請をしていましたが、その結果は非該当でした。

ご相談者様のお悩み

相手方が責任を争っている状況を何とかしたいという点、そして、後遺障害非該当の結果を何とかしたいという点が最大の悩みでした。

解決内容

まず、後遺障害等級に関しては、私が異議申立てを行いました。その結果、後遺障害等級を獲得することができました。
後遺障害等級に関しては、その後、訴訟においても再び争点になりました。しかし、結局、裁判所は、自賠責の判断を維持する結論に達しています。
自賠責で後遺障害等級が認定された場合には、それを争う側が相当説得的な主張立証をしない限り、自賠責の判断が維持される傾向が強いのです。
逆に、自賠責で後遺障害非該当と判断されたままだと、こちらが相当説得的な主張立証をしない限り、裁判所も後遺障害等級に該当するとの判断には至りません。
本件では、こちら側も医学的な観点から自賠責の判断が妥当であることを主張立証し、自賠責の判断が覆るのを阻止したというわけです。
次に、信号の色についてはなかなか決め手に欠ける悩ましい問題でした。
最終的には、相手方がある程度の責任を認める内容で解決に至っています。過失相殺された分については、Kさん加入の自動車保険からの人身傷害保険金で填補されました。
以上のような手続を経て、多額の賠償金等の回収を実現することができました。

この件は、かなり難しい案件でした。
当初の状態ですと回収額は極めて少額に止まった可能性が高いのですが、後遺障害等級にしても、信号の問題にしても、全てが上手く進み、最終的には多額の回収に繋がりました。
解決までには3年以上かかりましたが、私としても、「本当に上手くいった」と思える解決に至り、嬉しく思っています。

賠償金額の増額だけではなく、相談者一人ひとりが 事故を乗り越え再出発できるための解決実績。

case
1

自賠責後遺障害等級11級でも将来介護費用が認定された事例

Oさん

自賠責後遺障害等級は11級でも、入院等に伴う廃用の影響を考慮し、将来介護費用が認められた事例

事件内容

Oさんは、交通事故によって骨折し、長期間の入院を余儀なくされました。
骨折部分は癒合したのですが、ご高齢であったことから、長期間の入院等の影響で筋力低下が進み、介護を要する状態になってしまいました。

ご相談者様のお悩み

自賠責保険における後遺障害等級は11級であり、それだけを見ると、介護費用の認定は難しいようにも思われます。
弁護士が交渉しましたが、保険会社も十分な介護費用の支払には応じませんでした。

解決内容

後遺障害等級が高い場合(1ないし3級)であれば、介護費用を認めさせるのはそれほど難しい話ではないと思います。
しかし、11級となると、随分と話が違います。
裁判例を調べましたが、当時は、あまり参考になるような例も見当たりませんでした。
確かに後遺障害等級こそ低いですが、ご高齢の方であれば、入院に伴って急激に筋力が低下し、歩けなくなることも珍しくはないはずです。
そういった当たり前の因果関係すら認められないのはおかしい、弁護士として何とかしなければならないと考え、訴訟提起をしました。
解決までには時間がかかりましたが、裁判所も、ある程度の将来介護費用を認定してくれました。
この事案は、ご高齢の方が交通事故に遭って入院し、その間に廃用が進んでしまった場合に参考になるものです。
加齢とともに体の機能が徐々に衰えてしまうのはやむを得ないと思いますが、交通事故によってその進行が数年早くなったといえる場合は珍しくないはずです。
認めさせるのは簡単ではないと思われますが、後遺障害等級が低くても介護費用の認定を簡単にあきらめる必要はないことを示す良い例だと思います。

交通事故のダメージを乗り越え、前向きな再出発ができるよう

榎木法律事務所は3つの約束をします。

  • 一人ひとりを大切に、納得のいく解決を一緒に考える一人ひとりを大切に納得のいく解決を一緒に考える
  • 多数の実績を通じて得た「安心感」多数の実績を通じて得た「ノウハウの活用」
  • 長い人生の相談相手として、信頼し合える関係の構築を目指す長い人生の相談相手として信頼し合える関係の構築を目指す

弁護士 榎木貴之

無料相談のご予約はこちらから

052-433-2305[受付時間]9:30~18:30 夜間・土日祝日受付窓口のご案内

無料相談予約

榎木法律事務所

〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目13-7 西柳パークビル2F

052-433-2305[受付時間]9:30〜18:30

無料相談予約

夜間・土日祝日受付窓口のご案内

ページの先頭へ

ホーム

© 榎木法律事務所 All Rights Reserved.

© 榎木法律事務所 All Rights Reserved.