menu menu

解決事例

解決事例

私の解決事例のご紹介

賠償金額の増額だけではなく、
相談者一人ひとりが事故を乗り越え
再出発
できるための解決実績。

case
1

鎖骨骨折後の後遺障害につき、併合11級、労働能力喪失率20%で解決した事案

Uさん

異議申立てを経て等級が12級➡11級へと見直され、それを前提に示談で解決に至った事案

事件内容

交通事故によって鎖骨を骨折し、その後治療を継続しましたが、肩関節の可動域制限と鎖骨の変形を残しました。

ご相談者様のお悩み

骨折を伴う大きな怪我だったことから、今後の補償問題全体について、ご不安をお持ちだったのだと思います。

解決内容

初回の後遺障害等級認定では、判断に必要となる写真や画像を提出していたにもかかわらず、変形障害が認定されませんでした。そのため、画像上の変形が明らかに存在する旨の意見書を作成し、異議申立てを行いました。その結果、変形障害が認定され、後遺障害等級は12級から11級へと変更されました。ここまで明らかな判断の脱落は珍しいと思いますが、自賠責保険の認定において画像の見落しは、経験上しばしば起こりますので、そのような場合には、異議申立てを行い、見直しを求めることが必要となります。
その後、解決に向けた交渉を行いました。変形障害の場合、裁判例等でも逸失利益が争われる例は珍しくありません。要するに、変形は外観上(美観上)の問題であって、それによって労働能力の喪失が生じるわけではないから、逸失利益の算定に際しては無視すべきであるとの反論が、加害者側(保険会社側)から頻繁に出てきます。しかし、本件では、11級の標準的な喪失率(20%)を前提に逸失利益が認められ、示談での解決に至りました。
本件では、異議申立てが成功し、その後の交渉もスムーズに進みました。すべての事案がこのように上手くいくとは限らないのですが、こちらの思惑通り、解決に至った事案でした。終了後、お客様からも感謝の言葉をいただき、うれしく思いました。

case
2

後遺障害非該当であるものの、示談において後遺傷害部分の補償が認められる事例

Qさん等

後遺障害非該当でも、後遺障害に対する補償が示談の中で考慮される事例

事件内容

これは、いくつかの解決事例を踏まえたものです。
後遺障害が残ったことから、後遺障害の申請を行ったものの、自賠責保険において後遺障害等級が「非該当」と判断される場合があります。
そのような場合に後遺傷害部分の補償が受けられるのか否かは、実務的には悩ましい問題です。

ご相談者様のお悩み

自賠責保険における後遺障害として等級が認定されるためには、一定の基準を満たす必要があります。
その基準に至らない場合には、非該当となってしまうわけですが、非該当=完治(症状消失)ではないため、問題になってきます。
通常、示談交渉を担当する任意保険会社は、非該当の場合には、後遺傷害部分の補償を否認します。
しかし、症状が消失している(完治している)わけではないため、被害者としては、それでは納得できない心情になってしまいます。

解決内容

このような場合には、訴訟での解決を目指す方法があります。訴訟であれば、実際に残っている後遺障害の内容に応じ、裁判所が後遺障害に対する補償の要否を判断します。そのため、非該当の場合でも残った後遺障害の程度に応じた補償が受けられる可能性は、示談の場合に比べると、高くなります(ただし、痛みや痺れといった目に見えない神経症状の場合には、そう簡単なことではありません)。
難しいのは、示談交渉での解決を目指す場合です。
私の経験上、体の傷痕が残っているものの、認定基準上の大きさには至らない場合には、傷痕の形状等を考慮して一定程度後遺障害慰謝料が認定される例は、示談交渉でも珍しくないと思います。
問題は、むちうち等に伴う痛みや痺れといった神経症状の場合です。これらは目に見えない後遺障害であるため、自賠責保険で非該当と認定された場合、通常、保険会社は後遺障害部分の補償には応じません。
しかし、私の経験上、中には幾分かの支払に応じてくる例も存在します。応じる理由は様々だと思いますが、タイミングの問題が大きいように感じています。つまり、保険会社として、当該事案を早期に解決させたいと思っているか否か、という点に左右される傾向があるように思います。
このように、「非該当」の場合には、後遺障害に対する補償を受けることは、簡単ではなくなります。
そのため、異議申立て等の不服申立て手続を経て、後遺障害等級を獲得することが、まずは重要になってきます。
しかし、認定基準に照らし、自賠責保険では非該当とならざるを得ない例もあります。その場合には、後遺障害の内容を考慮しながら、方針を考えていくことになります。

賠償金額の増額だけではなく、相談者一人ひとりが 事故を乗り越え再出発できるための解決実績。

case
1

鎖骨骨折後の後遺障害につき、併合11級、労働能力喪失率20%で解決した事案

Uさん

異議申立てを経て等級が12級➡11級へと見直され、それを前提に示談で解決に至った事案

事件内容

交通事故によって鎖骨を骨折し、その後治療を継続しましたが、肩関節の可動域制限と鎖骨の変形を残しました。

ご相談者様のお悩み

骨折を伴う大きな怪我だったことから、今後の補償問題全体について、ご不安をお持ちだったのだと思います。

解決内容

初回の後遺障害等級認定では、判断に必要となる写真や画像を提出していたにもかかわらず、変形障害が認定されませんでした。そのため、画像上の変形が明らかに存在する旨の意見書を作成し、異議申立てを行いました。その結果、変形障害が認定され、後遺障害等級は12級から11級へと変更されました。ここまで明らかな判断の脱落は珍しいと思いますが、自賠責保険の認定において画像の見落しは、経験上しばしば起こりますので、そのような場合には、異議申立てを行い、見直しを求めることが必要となります。
その後、解決に向けた交渉を行いました。変形障害の場合、裁判例等でも逸失利益が争われる例は珍しくありません。要するに、変形は外観上(美観上)の問題であって、それによって労働能力の喪失が生じるわけではないから、逸失利益の算定に際しては無視すべきであるとの反論が、加害者側(保険会社側)から頻繁に出てきます。しかし、本件では、11級の標準的な喪失率(20%)を前提に逸失利益が認められ、示談での解決に至りました。
本件では、異議申立てが成功し、その後の交渉もスムーズに進みました。すべての事案がこのように上手くいくとは限らないのですが、こちらの思惑通り、解決に至った事案でした。終了後、お客様からも感謝の言葉をいただき、うれしく思いました。

交通事故のダメージを乗り越え、前向きな再出発ができるよう

榎木法律事務所は3つの約束をします。

  • 一人ひとりを大切に、納得のいく解決を一緒に考える一人ひとりを大切に納得のいく解決を一緒に考える
  • 多数の実績を通じて得た「安心感」多数の実績を通じて得た「ノウハウの活用」
  • 長い人生の相談相手として、信頼し合える関係の構築を目指す長い人生の相談相手として信頼し合える関係の構築を目指す

弁護士 榎木貴之

無料相談のご予約はこちらから

052-433-2305【受付時間】9:30〜18:30(平日)10:00〜18:00 (土曜) 夜間・土日祝日受付窓口のご案内

相談予約・お問い合わせ

榎木法律事務所

〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目13-7 西柳パークビル2F

052-433-2305【受付時間】9:30〜18:30(平日)10:00〜18:00 (土曜)

無料相談予約

夜間・土日祝日受付窓口のご案内

ページの先頭へ

ホーム

© 榎木法律事務所 All Rights Reserved.

© 榎木法律事務所 All Rights Reserved.