menu menu

歯の後遺障害(歯牙損傷)

歯の後遺障害(歯牙損傷)

歯の後遺障害等級認定自体は難しくありません。
しかし、その後の手続(示談交渉や裁判)を見据えて準備すべき点は少なくありません。 これまでの経験を踏まえ、先の手続を見据え、後遺障害診断書作成段階からしっかりサポートします。

歯の後遺障害(歯牙損傷)における後遺障害等級について

14歯以上に対し歯科補てつを加えたもの 10級4号
10歯以上に対し歯科補てつを加えたもの 11級4号
7歯以上に対し歯科補てつを加えたもの 12級3号
5歯以上に対し歯科補てつを加えたもの 13級5号
3歯以上に対し歯科補てつを加えたもの 14級2号

歯の後遺障害(歯牙損傷)のポイント

歯牙損傷については、後遺障害等級認定で何かテクニックが必要というわけではありません。損傷の程度、損傷した本数によって、当然に後遺障害等級認定がされるからです。
ただし、その後の示談交渉や裁判といった手続を見据えて考えると、後遺障害診断書作成段階から意識しておいた方がよい点は存在します。

1.逸失利益が認められにくいという問題

歯が欠損したとしても、それを補綴(治療)すれば、基本的に歯の機能は回復します。皆さんも虫歯などで歯の治療をされたことがあると思いますが、治療をすれば、多くの場合、歯の機能は回復しているはずです。そうすると、歯牙損傷の後遺障害等級が認定されたとしても、 保険会社からは、「仕事への影響は通常考え難く、逸失利益は認められない」と反論されてしまいます。

2.では、どのように対応すればよいか

確かに、歯科補綴(治療)によって歯の機能が回復し、何も不具合を残さないような場合には、逸失利益は非常に認められづらいと思います。しかし、歯科補綴しても、何かしらの不具合を残す場合は少なくありません。
私は、小学生のころ、小学校の体育の時間に転倒し、前歯が欠け、成長期終了後に歯科補綴を行いました。歯の機能は回復しましたが、今でも疲れが溜まるとその部分の歯茎が少し腫れることがあります。私は幸いその程度で済んでいますが、人によっては、歯茎の痛み等が残り、頭痛が出たり、硬い物が噛めなくなったりという人もいます。

そのような場合には、歯科補綴を行ったとしても、労働能力の喪失は存在するといえますので、逸失利益も認められる可能性が存在します。また、自分の固有の歯が失われてしまったわけですから、それに対する慰謝料は認められます。特に逸失利益が認められない場合には、その点を加味して、通常の慰謝料に多少の上乗せを求めていくことも可能だと思います。

3.後遺障害診断書作成段階で注意すべきこと

そうした今後の展開を見据えると、後遺障害診断書には、単に失った歯の本数等の情報だけではなく、それに伴う不具合等も記載してもらう方が望ましいと考えています。ただし、自賠責の後遺障害診断書の書式(歯科用)には、そのような情報を記載する欄が設けられていません。したがって、備考欄に書いてもらうか、別紙を添付するかなどの工夫が必要だと思います。

交通事故のダメージを乗り越え、前向きな再出発ができるよう

榎木法律事務所は3つの約束をします。

  • 一人ひとりを大切に、納得のいく解決を一緒に考える一人ひとりを大切に納得のいく解決を一緒に考える
  • 多数の実績を通じて得た「安心感」多数の実績を通じて得た「ノウハウの活用」
  • 長い人生の相談相手として、信頼し合える関係の構築を目指す長い人生の相談相手として信頼し合える関係の構築を目指す

弁護士 榎木貴之

無料相談のご予約はこちらから

052-433-2305[受付時間]9:30~18:30 夜間・土日祝日受付窓口のご案内

無料相談予約

榎木法律事務所

〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目13-7 西柳パークビル2F

052-433-2305[受付時間]9:30〜18:30

無料相談予約

夜間・土日祝日受付窓口のご案内

ページの先頭へ

ホーム

© 榎木法律事務所 All Rights Reserved.

© 榎木法律事務所 All Rights Reserved.