menu menu

耳の後遺障害(聴力障害(難聴)と耳鳴)

耳の後遺障害(聴力障害(難聴)と耳鳴)

骨折や打撲した部分は直に気付きますが、
耳の症状は見落とされやすく、
また、後回しにされやすい症状です。
認定基準をふまえ、早い段階から準備をしておくこと
がポイントです。

耳の後遺障害(聴力障害(難聴)と耳鳴)に関するノウハウ

聴力障害(難聴)

1.聴力障害(難聴)の後遺障害等級

聴力レベル、両耳か一耳かによって、次の表のとおり、後遺障害等級が定められています。

両耳

等級 障害の程度 認定基準
4級3号 両耳の聴力を全く失ったもの 両耳の平均純音聴力レベルが90dB以上のもの又は両耳の平均純音聴力レベルが80dB以上であり、かつ、最高明瞭度が30%以下のもの
6級3号 両耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの 両耳の平均純音聴力レベルが80dB以上のもの又は両耳の平均純音聴力レベルが50dB以上80dB未満であり、かつ、最高明瞭度が30%以下のもの
6級4号 1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が40cm以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの 1耳の平均純音聴力レベルが90dB以上であり、かつ、他耳の平均純音聴力レベルが70dB以上のもの
7級2号 両耳の聴力が40cm以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの 両耳の平均純音聴力レベルが70dB以上のもの又は両耳の平均純音聴力レベルが50dB以上であり、かつ、最高明瞭度が50%以下のもの
7級3号 1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が1m以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの 1耳の平均純音聴力レベルが90dB以上であり、かつ、他耳の平均純音聴力レベルが60dB以上のもの
9級7号 両耳の聴力が1m以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの 両耳の平均純音聴力レベルが60dB以上のもの又は両耳の平均純音聴力レベルが50dB以上であり、かつ、最高明瞭度が70%以下のもの
9級8号 1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になり、他耳の聴力が1m以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの 1耳の平均純音聴力レベルが80dB以上であり、かつ、他耳の平均純音聴力レベルが50dB以上のもの
10級5号 両耳の聴力が1m以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの 両耳の平均純音聴力レベルが50dB以上のもの又は両耳の平均純音聴力レベルが40dB以上であり、かつ、最高明瞭度が70%以下のもの
11級5号 両耳の聴力が1m以上の距離では小声を解することができない程度になったもの 両耳の平均純音聴力レベルが40dB以上のもの

一耳

等級 後遺障害 認定基準
9級9号 1耳の聴力を全く失ったもの 1耳の平均純音聴力レベルが90dB以上のもの
10級6号 1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの 1耳の平均純音聴力レベルが80dB以上90dB未満のもの
11級6号 1耳の聴力が40cm以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの 1耳の平均純音聴力レベルが70dB以上80dB未満のもの、又は、1耳の平均純音聴力レベルが50dB以上であり、かつ、最高明瞭度が50%以下のもの
14級3号 1耳の聴力が1m以上の距離では小声を解することができない程度になったもの 1耳の平均純音聴力レベルが40dB以上70dB未満のもの

聴力障害における後遺障害等級認定のポイント(要件)

  • 1.交通事故によって聴力障害(難聴)を引き起こす怪我を負っていること
    交通事故で多いのは頭部打撲や頸椎捻挫です。耳を直接受傷しているわけではありませんが、頭部打撲や頸椎捻挫に伴い聴力障害(難聴)は生じ得ると考えられています。
  • 2.交通事故から間もなく症状を生じ、それが一貫していること
    聴力に異常を感じたら、直ぐに医師と相談し、専門医を受診することが重要です。症状の訴えが遅くなればなるほど、交通事故との因果関係が認められにくくなります。また、 専門医を受診していないと、聴力障害(難聴)として認定を受けるのは困難です。
  • 3.聴力検査によって聴力障害(難聴)が認められること
    オージオメーターを用いる純音聴力検査、スピーチオージオメーターを用いる語音聴力検査により聴力の測定を行うのが基本です。 ただし、これらの検査は、被害者の自覚的な応答に基づいて行われる検査であり、客観性に乏しいという問題点があります。
    これに対し、ABR(聴性脳幹反応)、SR(あぶみ骨筋反射)といった検査も存在します。これらは、他覚的な聴力検査であり、誤魔化しのきかない検査です。 自賠責は、前2者の自覚的検査に加え、後2者の他覚的検査の結果を求めてくる場合もあり、他覚的検査によって聴力障害(難聴)が証明できなければ、聴力障害(難聴)として後遺障害認定を受けるのは難しくなります。

ABRの結果が考慮され、聴力障害(難聴)については非該当とされた私の取扱事例

純音聴力検査では聴力障害(難聴)が認められたものの、ABRでは正常値であったため、聴力障害(難聴)については後遺障害として認定されなかった事例が存在します。この事例からも分かるように、自賠責は、より客観性の高い検査結果を重視する傾向があるといえます。

耳鳴について

耳鳴の後遺障害等級について

耳鳴に係る検査によって難聴に伴い著しい耳鳴が常時あると評価できるもの 12級
難聴に伴い常時耳鳴のあることが合理的に説明できるもの 14級

耳鳴における後遺障害等級認定のポイント(要件)

  • 1.耳鳴を生じさせる怪我を負っていること
    耳への直接的な受傷はなくても、頭部打撲や頸椎捻挫に伴い耳鳴が生じる場合も存在します。
  • 2.交通事故後まもなく症状が生じ、以後、一貫していること
    耳に異常を感じたら、直ぐに医師と相談し、専門医を受診することが重要です。症状の訴えが遅くなればなるほど、交通事故との因果関係が認められにくくなります。また、 専門医を受診していないと、耳鳴として認定を受けるのは困難です。
  • 3.耳鳴に係る検査によって耳鳴の存在が証明されていること
    耳鳴に係る検査とは、ピッチマッチ検査及びラウドネスバランス検査をいい、それにより、耳鳴の存在が証明されることが必要です。
  • 4.難聴が伴うこと
    具体的には、平均純音聴力レベルとしては聴力障害の基準を満たさないもの(40dB未満)であったとしても、 『耳鳴が存在する周波数純音聴力レベルが他の周波数純音聴力レベルと比較して低下していること』を意味します。

ピッチマッチ検査やラウドネスバランス検査について

これらの検査を行える病院は限られていて、私の経験によると、相当大きな病院を受診する必要があると思われます。
耳鳴について本格的に後遺障害等級の獲得を目指す事案であれば、検査可能な病院を主治医に紹介してもらい、受診することが望ましいと思われます。

耳鳴の後遺障害等級認定の要件ついて

一応、私の経験等に基づき、ポイントは上記のとおり整理しています。
しかし、ピッチマッチ検査やラウドネスバランス検査の具体的な評価方法、難聴要件の具体的な評価方法は、必ずしも判然としないように思われます(後遺障害等級認定を行う自賠責損害調査事務所に問い合わせたこともありますが、必ずしも明確な回答は得られなかったと記憶しています)。色々な弁護士事務所のホームページを見ても、特に難聴要件の評価方法については、説明には若干の違いが見受けられます。
今後、私自身としても、現在の理解の当否を含め、引き続き検討が必要な問題だと考えています。

交通事故のダメージを乗り越え、前向きな再出発ができるよう

榎木法律事務所は3つの約束をします。

  • 一人ひとりを大切に、納得のいく解決を一緒に考える一人ひとりを大切に納得のいく解決を一緒に考える
  • 多数の実績を通じて得た「安心感」多数の実績を通じて得た「ノウハウの活用」
  • 長い人生の相談相手として、信頼し合える関係の構築を目指す長い人生の相談相手として信頼し合える関係の構築を目指す

弁護士 榎木貴之

無料相談のご予約はこちらから

052-433-2305[受付時間]9:30~18:30 夜間・土日祝日受付窓口のご案内

無料相談予約

榎木法律事務所

〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目13-7 西柳パークビル2F

052-433-2305[受付時間]9:30〜18:30

無料相談予約

夜間・土日祝日受付窓口のご案内

ページの先頭へ

ホーム

© 榎木法律事務所 All Rights Reserved.

© 榎木法律事務所 All Rights Reserved.