menu menu

弁護士 榎木貴之 弁護士 榎木貴之

交通事故に遭われてお悩みの方へ

時には寄り添い、時には先導しながら、
それぞれの解決まで
安全に送り届けること
それが私の役割だと考えています

  • 名古屋駅近く
  • 相談無料
    (交通事故)
  • 夜間・土日
    対応可
  • 着手金0円
  • 相談・解決
    実績多数
  • 弁護士経験
    10年以上

※弁護士費用の詳細は「弁護士費用」頁をご確認ください。

無料相談予約

弊所の目指すもの―高い専門性を身近に提供すること―

弊所の目指すもの
― 高い専門性を身近に提供すること ―

弊所では主に交通事故案件を取り扱っております。
比較的簡単に解決できる案件や、複雑で解決まで数年を要するものなど様々。
しかし、その一つ一つの案件に高い専門性をもって解決に導く。
そのような高いレベルのサービスを、お客様にも気づかれないかもしれないが、さらりと提供できる事務所でありたい。解決という目的地まで、安心して乗っていられる日本の新幹線のような存在でありたい。
そのために、日々、実務と研究の両方を積極的に取り組んでおります。
実際に専門誌への論文の発表も行っています。
弊所にご相談に来られるお客様は、弁護士の高い専門性を期待していると考えております。
名古屋駅近くに事務所をかまえたのは、遠方からのお客様にも弊所のサービスをお届けしたいからです。
実際、名古屋や愛知県に限らず遠方のお客様からも多くご相談を受けております。
人生において何度も交通事故に遭うのはまれなので、お客様とのかかわりはその案件一度きりかもしれません。
それでも、解決後久しぶりに元依頼者様からご連絡を頂き、知人の交通事故を紹介されると、
私の目指す解決が遂行できたのだなとうれしく思う。

弁護士“榎木貴之”の想い Enoki's feeling

私が依頼を受ける際の3つの約束

  • 1

    一人ひとりを
    大切に

    納得のいく解決を
    一緒に考える

    一番大切なことは、被害者の方が交通事故のダメージを受け入れ、前向きに再出発できるようになることです。そのためには何がベストなのかを一人一人の方と向き合って真剣に考えていきたいと思っています。

  • 2

    多数の実績を
    通じて得た

    ノウハウの
    活用

    私はこれまで、多くの交通事故案件を取り扱い、多くの経験を積んでまいりました。そうした専門的知識・経験をフル活用し、サポートいたします。

  • 3

    長い人生の相談相手
    (パートナー)として

    信頼し合える関係の
    構築を目指す

    弁護士としての仕事は生活の糧を得るものではありますが、私にとってはそれ以上に、お互いが助け合って生きているこの社会の中で、縁あって出会った方のため、私は弁護士として人の力になり、いつまでも必要とされる存在であり続けたいと願っています。

相談件数850件以上
私のこれまでの解決実例

相談件数850件以上 私のこれまでの解決実例

case1

自賠責後遺障害等級11級でも将来介護費用が認定された事例

Oさん

自賠責後遺障害等級は11級でも、入院等に伴う廃用の影響を考慮し、将来介護費用が認められた事例

事件内容

Oさんは、交通事故によって骨折し、長期間の入院を余儀なくされました。
骨折部分は癒合したのですが、ご高齢であったことから、長期間の入院等の影響で筋力低下が進み、介護を要する状態になってしまいました。

ご相談者様のお悩み

自賠責保険における後遺障害等級は11級であり、それだけを見ると、介護費用の認定は難しいようにも思われます。
弁護士が交渉しましたが、保険会社も十分な介護費用の支払には応じませんでした。

ご相談者様のお悩み

後遺障害等級が高い場合(1ないし3級)であれば、介護費用を認めさせるのはそれほど難しい話ではないと思います。
しかし、11級となると、随分と話が違います。
裁判例を調べましたが、当時は、あまり参考になるような例も見当たりませんでした。
確かに後遺障害等級こそ低いですが、ご高齢の方であれば、入院に伴って急激に筋力が低下し、歩けなくなることも珍しくはないはずです。
そういった当たり前の因果関係すら認められないのはおかしい、弁護士として何とかしなければならないと考え、訴訟提起をしました。
解決までには時間がかかりましたが、裁判所も、ある程度の将来介護費用を認定してくれました。
enoki's point
この事案は、ご高齢の方が交通事故に遭って入院し、その間に廃用が進んでしまった場合に参考になるものです。
加齢とともに体の機能が徐々に衰えてしまうのはやむを得ないと思いますが、交通事故によってその進行が数年早くなったといえる場合は珍しくないはずです。
認めさせるのは簡単ではないと思われますが、後遺障害等級が低くても介護費用の認定を簡単にあきらめる必要はないことを示す良い例だと思います。

弁護士榎木貴之

その他の解決事例はこちら

交通事故発生から解決までの流れ
対応のポイント

交通事故発生から
解決までの流れ
対応のポイント

交通事故発生から解決までの流れとポイントを把握することで、今後何をするべきかが見えてきます。

交通事故

今後何をすればよい分からない、という状況はとても不安なものです。
まずは交通事故発生から解決までの流れを知ることで、今のあなたが置かれている状況や次にすべきことも見えてきます。それによって、少しは気持ちが楽になると思います。
早めに弁護士(専門家)にご相談ください。

交通事故

1
交通事故発生
直後

2
治療期間中

3
症状固定・
後遺障害等級の
認定

4
示談交渉・裁判

解 決

1 事故発生 直後

2 治療期間中

3

症状固定・
後遺障害等級の 認定

4 示談交渉・裁判

解 決

解決までの流れ

後遺障害等級の認定は
適正な補償を
受けるため
の要です

具体的な認定基準やノウハウが
非常に重要となってきます

適正な補償を受けるための要。私の得意とする分野です。医学的な知識は当然必要です。それに加え、実際に多数の経験を通じてしか得られない(文献だけでは分からない)、具体的な認定基準やノウハウが非常に重要となってきます。交通事故に関連する諸問題の中でも、特にこの後遺障害(後遺症)等級認定の問題は、弁護士の専門性・能力によって結果が左右される可能性が高い分野です。
後遺障害(後遺症)等級認定に関する詳しい情報は、「後遺障害等級認定のノウハウ」をご覧ください。
これまでの実績・経験に基づき、ノウハウの一部を公開しています。ご覧いただければ、自ずと、私の実績・経験についてもご理解いただけると思います。
安心してお任せください。

後遺障害認定ノウハウ

大切なご家族
交通事故に遭われた際の
将来を考えた対応

小さなお子様が交通事故に遭われた
お子様
私はこれまで、弁護士として、縁あって小さなお子様の事例を多く取り扱ってまいりました。 ずっと以前、あるお客様がおっしゃった「親として、子供のためにできる限りのことはしてやりたい」という言葉が、今でも頭の中に残っています。今は私も、子を持つ親として、その言葉の意味が痛いほど分かるような気がします。私は名古屋市在住ですが、市内は車が多いため、考え出すと心配事は尽きません。
そうした心情的なことに加え、法律的にも、小さなお子様が交通事故に遭われた場合、まだ成長段階にあること等の事情から、大人とは異なった様々な配慮が必要になってきます。
お子様のため、そして、あなた自身も後悔しないため、できることを一緒に考えていきたいと思っています。弁護士として、また、同じく子を持つ親として、相談相手になります。
  • お子様の成長に伴う変化を見据えた対応

    お子様の成長に伴う
    変化を見据えた対応

  • お子様の逸失利益の算定

    お子様の
    逸失利益の算定

お子様が交通事故に
遭われた際の対応

ご高齢者の方が交通事故に遭われた
ご高齢者の方が交通事故に遭われた
ご高齢者に特有の問題としては、交通事故によって入院され、入院中の活動量低下に伴い、様々な身体的機能・認知機能が急激に低下してしまう場合が挙げられます。加齢に伴う機能の低下は、確かに避けられません。しかし、それが交通事故の受傷によって早まり、突然そのような状態に至ることは、被害者ご本人としても、ご家族としても、受け入れ難いことのはずです。しかし、現在のシステム(特に自賠責における後遺障害等級認定システム)は、そのような思いに十分配慮できているようには思えない部分があります。

続きを見る

例えば、交通事故で足を骨折しても、骨が綺麗に癒合すれば、現在の自賠責保険の後遺障害等級認定基準では、多少の痛みが残っている程度であれば14級とか12級とかの認定に止まってしまいます。痛みも無ければ、非該当の可能性もあります。若い人ならば、多少の痛みがあっても歩行機能にそれほど影響はないかもしれず、等級自体は妥当かもしれません。 しかし、ご高齢者の場合には、骨は綺麗に癒合しても、入院中に筋力低下が進み、リハビリをしても歩行能力は十分回復せず、そのまま車椅子での生活を余儀なくされたり、施設への入所が必要となったりするケースは決して珍しくないはずです。このような場合も、後遺障害等級が14級とか12級で十分なのかは著しい疑問です。骨折事案において自賠責保険が着目するのは、骨折の態様や癒合状況ですが、ご高齢者の事案においては、それでは不十分なのです。 保険会社は、自賠責保険の後遺障害等級が、非該当、14級、12級といったレベルであれば、将来の介護費用の支払を拒否してくる可能性が高いと思われます。したがって、このような場合には、専門家(弁護士)と相談し、裁判所での時間をかけた審理を通じ、より実態に即した解決を求めていくことも必要になってきます。

閉じる

大切な方を亡くされたり(死亡事故)、重い後遺障害を残されたりした場合
大切な方を亡くされたり(死亡事故)、重い後遺障害を残されたりした場合
このような場合には、様々な特別な配慮が必要となります。
被害者ご本人は勿論、ご家族の方が受けたダメージは、計り知れないものだと思います。専門家(弁護士)として、それぞれのご家族と向き合いながら、今後の道筋を一緒に考えたいと思います。
  • 死亡事故

    死亡事故

  • 重度後遺障害

    重度後遺障害

ご加入の自動車保険を
ご確認ください。
「弁護士費用特約」は
ご存知ですか?

弁護士費用特約とは?

交通事故

弁護士費用を支払ってもらえる保険のことで、被害者ご本人又はそのご家族が加入している自動車保険や火災保険の特約として付けられている場合が多く、被害者ご本人、配偶者、同居の親族、別居の両親(被害者ご本人が未婚の場合)がご契約されている保険に弁護士費用特約が付いている場合には、利用できることが多いです。

交通事故

弁護士費用

よくあるご質問
  • 愛知県外からの相談もできますか?

    県外からの相談も歓迎しています。

    弊所は、愛知県名古屋市(名古屋駅の近く)にあります。名古屋や愛知県だけではなく、三重県、岐阜県、静岡県へのアクセスも便利な場所です。

    そもそも、名古屋駅近くに事務所を構えている理由の一つとして、名古屋や愛知県以外からのお客様にも便利な場所だからという点があります。

    主な対応地域は、愛知県、三重県、岐阜県、静岡県ですが、それ以外の地域の案件の取扱いもございます。

     

  • 交通事故の相談の際には、何を持っていけばよいですか?

    交通事故の相談時には、加害者(相手方)の氏名を確認させていただきますので、分からない場合には、あらかじめ保険会社等にご確認ください。

    また、弁護士への委任をご検討されている場合には、印鑑・身分証明書(写真付きのもの)をご持参ください。

    その他は、事案によって様々です。例えば、次のようなものです。

    ・物損がある場合には、車検証。

    ・お怪我がある場合には、診断書。

    ・交通事故現場の写真、損傷した車両の写真も参考になります。

    ・後遺障害の異議申立てのご相談であれば、後遺障害診断書と等級認定票は必須で、それに加えて経過診断書・診療報酬明細書もあれば助かります。

    ・弁護士費用特約がある場合には、その資料(保険証券や担当者からの連絡文書)。

    ・相手方保険会社からの連絡文書。

     

     

  • 交通事故に遭いました。弁護士への相談は、どのタイミングでするのがよいですか。

    不安であれば、なるべく早めに弁護士に相談してください。交通事故には、色々な段階があり、各段階で様々な問題が生じます。弁護士への相談が遅くて手遅れになることはあっても、早くて困ることはないはずです。弁護士に相談をしたからといって、必ず依頼しなければならないわけではありませんので、ご安心ください。とりあえず弁護士(専門家)の話を聞いてみよう、という感覚で構いません。

    また、弊所では、入院中のため外出が困難な場合には、状況に応じて、弁護士による電話でのご相談なども対応しております。

その他のよくあるご質問

お客様から
いただいたお言葉

  • 今回の交通事故の件では大変お世話になりました。この様な決着までこぎつけられたのも、先生のお力があってこそと心より感謝いたしております。
    どうぞこれからも末永くよろしくお願いします。

    愛知県名古屋市 男性

    愛知県名古屋市 男性

  • 今後、何か困ったことがあれば、榎木先生にご相談させていただきたいと思っていますので、宜しくお願いします。

    愛知県名古屋市 男性

    愛知県名古屋市 男性

  • 最後までケアをして頂きまして、大変ありがとうございました

    岐阜県海津市 女性

    岐阜県海津市 女性

  • いつも優しく分かりやすく説明してくださり、リラックスしてお話しすることができました。
    私が治療に専念できるように保険会社に交渉して頂き、安心して通院することができました。お蔭様で体調も良くなり、今までの生活に戻ることができました。

    愛知県名古屋市 女性

    愛知県名古屋市 女性

  • 今回榎木先生に依頼して良かったと思えたことが何度かありました。本当にありがとうございました。
    もしまたこのような機会がありましたら、宜しくお願い致します。

    愛知県名古屋市 男性

    愛知県名古屋市 男性

  • 相手方の対応が、(交通事故で)負傷している者をばかにしているように思えて腹立たしさを覚えましたが、先生が思慮深く、冷静にことを進めて下さったので、大変心強く感じていました。
    どうぞこれからも、目に見えない部分に傷害を受けた人たちを助けてあげて下さい。弁護士の助けが必要な時には、また先生にお願いしたいと思います。

    愛知県名古屋市 男性

    愛知県名古屋市 男性

事務所へのアクセス

〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目13-7 西柳パークビル2F
TEL : (052)433-2305  FAX : (052)433-2306

事務所紹介

交通事故のダメージを乗り越え、前向きな再出発ができるよう

榎木法律事務所は3つの約束をします。

  • 一人ひとりを大切に、納得のいく解決を一緒に考える一人ひとりを大切に納得のいく解決を一緒に考える
  • 多数の実績を通じて得た「安心感」多数の実績を通じて得た「ノウハウの活用」
  • 長い人生の相談相手として、信頼し合える関係の構築を目指す長い人生の相談相手として信頼し合える関係の構築を目指す

弁護士 榎木貴之

無料相談のご予約はこちらから

052-433-2305【受付時間】9:30〜18:30(平日)10:00〜18:00 (土曜) 夜間・土日祝日受付窓口のご案内

相談予約・お問い合わせ

榎木法律事務所

〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目13-7 西柳パークビル2F

052-433-2305【受付時間】9:30〜18:30(平日)10:00〜18:00 (土曜)

無料相談予約

夜間・土日祝日受付窓口のご案内

交通事故問題の将来

愛知県内の人身事故発生件数(平成27年)は4万4369件と報告されています(愛知県警察本部交通部「愛知県の交通事故発生状況」)。死者数は213件と報告されています。年別の推移をみると、交通事故発生件数は年々減少しています。しかし、都道府県別発生状況をみると、愛知県は人身事故発生件数も死者数も全国一位となっています。愛知県内の地域別発生件数をみると、人口も多いからだと思いますが、名古屋市が最も多い1万4250件と報告されています。自動制御など自動化も徐々に進み、自動車の安全性能は格段に高まっているとはいえ、やはり自動車は「凶器」に違いありません(勿論、大変便利なものですが)。
私も名古屋市に住んでおり、事務所も名古屋駅前の錦通沿いにあります。名古屋市内を走る錦通、広小路通、桜通などは車線も多く、しかも直線ですから、特に夜間などは相当な速度で走行する車も珍しくありません。車線変更の際に合図を出す、一時停止では止まって安全確認をする、そういったことを守らないドライバーを見かけることもあります。私は弁護士として数多くの交通事故案件を取り扱う中で、交通事故被害に苦しみ、人生を大きく変えられた被害者の方を沢山見てきました。現在の法制度では満足な救済が受けられず、弁護士として悔しい思いをしたこともあります。ですから、そうした無責任な運転行為をみると、心の底から腹が立ちます。 ただ、こうした交通事故問題を巡っては、近い将来、大きな変化が起こると考えられます。とても望ましい変化です。それは、2020年代には完全自動運転が実現される見通しとなっているためです。当然ながら交通事故発生件数は大きく減少するものと思われます。また、仮に交通事故が起きたとしても、自動車の位置情報が数センチ単位で把握できるようになるわけですから、事故態様の再現も容易になります。ドライブレコーダーのような画像情報も保存されるようになるはずです。これまでは、当事者の話や現場の痕跡などから事故態様を再現していたわけですが、そうした作業は非常に簡略化されていくものと思われます。加害者側と被害者側の主張する事故態様が大きく食い違う、という事態も少なくなるはずです。さらに、完全自動運転となれば、もはやドライバーの責任を観念しづらくなるため、責任の所在についても大きく変化していくはずです。当然ながら、法制度、保険制度の大幅は見直しが必要となってきます。 これからの10年間は、交通事故を巡る問題が大きく様変わりする時期だと思います。まだ議論は始まったばかりですが、弁護士として大変興味を持っており、今後研究を進めていきたいと考えている分野です。そのような変化の中で、交通事故被害者側の弁護士として思うのは、新しい制度が、被害者側に不利なものであってはならない、ということです。変化を見守りつつ、必要であれば、声を上げていくことも弁護士として必要なことだと考えています。

ページの先頭へ

ホーム

© 榎木法律事務所 All Rights Reserved.

© 榎木法律事務所 All Rights Reserved.