menu menu

ブログ

ブログ

ブログ

ブログ

  • 2018.09.18

    イギリスの自動車保険制度3

    自動車保険は、強制保険部分に関しても、自ら契約を締結することによって成立する。その点は、日本でもイギリスでも同じである。言い換えると、故意又は不注意によって強制加入の自動車保険契約が締結されておらず、強制保険未加入(無保険)の状態になってしまう場合が、日本においても、イギリスにお

    詳細を見る

    自動車保険は、強制保険部分に関しても、自ら契約を締結することによって成立する。その点は、日本でもイギリスでも同じである。言い換えると、故意又は不注意によって強制加入の自動車保険契約が締結されておらず、強制保険未加入(無保険)の状態になってしまう場合が、日本においても、イギリスにお

    詳細を見る

  • 2018.09.13

    イギリスの自動車保険制度2

    引き続き、イギリス(ここではイングランドとウェールズの制度を主に念頭に置いている)の自動車保険制度又は交通事故補償制度について書いていく。 例えば、次のような場合を想定してみよう。 信号のある交差点内で車同士の出会い頭事故が発生したものの、双方が青信号の主張をして譲ら

    詳細を見る

    引き続き、イギリス(ここではイングランドとウェールズの制度を主に念頭に置いている)の自動車保険制度又は交通事故補償制度について書いていく。 例えば、次のような場合を想定してみよう。 信号のある交差点内で車同士の出会い頭事故が発生したものの、双方が青信号の主張をして譲ら

    詳細を見る

  • 2018.09.11

    イギリスの自動車保険制度1

    しばらくの間、イギリスの自動車保険制度について書いていこうと思う。 イギリスの法制度は複雑である。 日本は、明治維新や第二次世界大戦の敗戦といった革命的な出来事を経て、法制度をその根本から変更してきた歴史がある。私も、この点は詳しくはないが、そうした革命的な出来事によ

    詳細を見る

    しばらくの間、イギリスの自動車保険制度について書いていこうと思う。 イギリスの法制度は複雑である。 日本は、明治維新や第二次世界大戦の敗戦といった革命的な出来事を経て、法制度をその根本から変更してきた歴史がある。私も、この点は詳しくはないが、そうした革命的な出来事によ

    詳細を見る

  • 2018.09.06

    後遺障害が非該当と認定され、相談を希望される方へ

    後遺障害が残り、医師に後遺障害診断書を作成してもらい、申請はしたものの、非該当(後遺障害等級には該当しない)と判断される場合は、決して珍しくありません。 そのような非該当の判断に対しては、異議申立て(不服申立て)をすることが可能です。 事案にもよりますが、私の経験上、

    詳細を見る

    後遺障害が残り、医師に後遺障害診断書を作成してもらい、申請はしたものの、非該当(後遺障害等級には該当しない)と判断される場合は、決して珍しくありません。 そのような非該当の判断に対しては、異議申立て(不服申立て)をすることが可能です。 事案にもよりますが、私の経験上、

    詳細を見る

交通事故のダメージを乗り越え、前向きな再出発ができるよう

榎木法律事務所は3つの約束をします。

  • 一人ひとりを大切に、納得のいく解決を一緒に考える一人ひとりを大切に納得のいく解決を一緒に考える
  • 多数の実績を通じて得た「安心感」多数の実績を通じて得た「ノウハウの活用」
  • 長い人生の相談相手として、信頼し合える関係の構築を目指す長い人生の相談相手として信頼し合える関係の構築を目指す

弁護士 榎木貴之

無料相談のご予約はこちらから

052-433-2305【受付時間】9:30〜18:30(平日)10:00〜18:00 (土曜) 夜間・土日祝日受付窓口のご案内

相談予約・お問い合わせ

榎木法律事務所

〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目13-7 西柳パークビル2F

052-433-2305【受付時間】9:30〜18:30(平日)10:00〜18:00 (土曜)

無料相談予約

夜間・土日祝日受付窓口のご案内

ページの先頭へ

ホーム

© 榎木法律事務所 All Rights Reserved.

© 榎木法律事務所 All Rights Reserved.