menu menu

ブログ

ブログ

ブログ

ブログ

2021.09.29

弁護士費用特約のタイムチャージ(30時間を超えた部分の同意要件について)

弁護士費用特約(LAC協定保険会社の場合)では、主に物損など少額の賠償事案を対象に、タイムチャージ方式での弁護士費用算定が認められている。
タイムチャージ方式を用いる場合、上限は30時間(総額60万円)と設定され、それを超える支払には、約款上、保険会社の個別同意が必要となる。

そもそも、弁護士費用特約では、着手・報酬金方式という一般的方法であれ、タイムチャージ方式であれ、保険会社の同意を得て支出した弁護士使用が支払の対象とされている。
したがって、弁護士費用特約を使用して弁護士に依頼するという着手段階での同意があることを前提に、タイムチャージ方式を用いる場合には、30時間を超える段階での同意も必要となる。

問題は、かかる同意をどのような場合には与え、どのような場合には拒否することができるのかという基準である。
前者の同意(着手時点の同意)に関しては、複数の裁判例等でも検討がなされており、一般的には、裁量の逸脱・濫用は許されないという解釈が有力である(文献では、LAC研究会「権利保護保険のすべて」28頁以下など)。
すなわち、不同意が裁量の逸脱・濫用といえれば、同意がなくても、保険金は支払われるのである。

では、後者の同意(30時間を超える場合の同意)も、それと同様の解釈になるのであろうか。
この点は、先ほどの問題とは異なり、十分に議論はされていないように思われるが、先ほどの話と区別する合理的理由はないと思われるから、私見ではあるが、この点も裁量の逸脱・濫用という観点から考えていくのが妥当だと考える。

実務では、弁護士保険のADRにおいて、このような問題の解決を図っていくことが可能であるから、裁判まで行く例は稀だと思われる。

交通事故のダメージを乗り越え、前向きな再出発ができるよう

榎木法律事務所は3つの約束をします。

  • 一人ひとりを大切に、納得のいく解決を一緒に考える一人ひとりを大切に納得のいく解決を一緒に考える
  • 多数の実績を通じて得た「安心感」多数の実績を通じて得た「ノウハウの活用」
  • 長い人生の相談相手として、信頼し合える関係の構築を目指す長い人生の相談相手として信頼し合える関係の構築を目指す

弁護士 榎木貴之

無料相談のご予約はこちらから

052-433-2305【受付時間】9:30〜18:30(平日)10:00〜18:00 (土曜) 夜間・土日祝日受付窓口のご案内

相談予約・お問い合わせ

榎木法律事務所

〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目13-7 西柳パークビル2F

052-433-2305【受付時間】9:30〜18:30(平日)10:00〜18:00 (土曜)

無料相談予約

夜間・土日祝日受付窓口のご案内

ページの先頭へ

ホーム

© 榎木法律事務所 All Rights Reserved.

© 榎木法律事務所 All Rights Reserved.