menu menu

ブログ

ブログ

ブログ

ブログ

2017.01.28

交通事故と労災保険

通勤や仕事で車に乗車していて、交通事故の被害に遭うことがあります。

通勤中の場合は通勤災害として、仕事中の場合は業務災害として、それぞれ労災保険から給付を受けることが可能です。

交通事故の場合、通常は加害者側の保険会社から治療費や休業損害が支給されます。

そうすると、労災保険を利用する必要はないと思われるかもしれません。

しかし、被害者にも過失が認められるような場合には、労災保険から治療費等の給付金を受ける方がベターだといえます。

また、労災保険からは特別支給金を受け取れる可能性があります。特別支給金とは、分かり易くいうと、加害者からの賠償金とは別枠で(調整されることなく)もらえる給付金です。したがって、被害者に過失がないような場合でも、労災保険を利用することによりメリットが生じる可能性はあります。

ただし、会社との関係や手続面での煩わしさを考え、労災保険の利用を躊躇する場合もあると思います。

全てのケースにおいて労災保険を利用することがベターだとはいえませんが、選択肢の一つとして頭に入れておくべき制度です。

交通事故のダメージを乗り越え、前向きな再出発ができるよう

榎木法律事務所は3つの約束をします。

  • 一人ひとりを大切に、納得のいく解決を一緒に考える一人ひとりを大切に納得のいく解決を一緒に考える
  • 多数の実績を通じて得た「安心感」多数の実績を通じて得た「ノウハウの活用」
  • 長い人生の相談相手として、信頼し合える関係の構築を目指す長い人生の相談相手として信頼し合える関係の構築を目指す

弁護士 榎木貴之

無料相談のご予約はこちらから

052-433-2305【受付時間】9:30〜18:30(平日)10:00〜18:00 (土曜) 夜間・土日祝日受付窓口のご案内

相談予約・お問い合わせ

榎木法律事務所

〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目13-7 西柳パークビル2F

052-433-2305【受付時間】9:30〜18:30(平日)10:00〜18:00 (土曜)

無料相談予約

夜間・土日祝日受付窓口のご案内

ページの先頭へ

ホーム

© 榎木法律事務所 All Rights Reserved.

© 榎木法律事務所 All Rights Reserved.