menu menu

ブログ

ブログ

ブログ

ブログ

2017.02.15

交通事故で健康保険を使用する場合の注意点

交通事故で健康保険を使用する場合、第三者行為の傷病届を提出する必要があります。

つまり、病院で健康保険証の提示をするだけではなく、ご加入の健保組合にも届出をする必要があるのです。

また、健保組合に提出する書類の中に記載されているのですが、健康保険を使用する場合には、いくつかの約束事も定められています。例えば、示談をする前に健康保険組合に連絡をするなどの約束事です。

書類を出したり、約束事を守ったりと、やや面倒なこともあるのですが、健康保険を利用することによるメリットが得られる場合もあります。

後から遡って健康保険に切り替えることは難しい場合もあるため、健康保険を使用するのか否かは、なるべく早い段階で結論を出す必要がある事柄です。

健康保険を使うべき事案か否か、使うとしてどんな手続が必要なのか、相談時には事案に応じた助言をしています。

 

交通事故のダメージを乗り越え、前向きな再出発ができるよう

榎木法律事務所は3つの約束をします。

  • 一人ひとりを大切に、納得のいく解決を一緒に考える一人ひとりを大切に納得のいく解決を一緒に考える
  • 多数の実績を通じて得た「安心感」多数の実績を通じて得た「ノウハウの活用」
  • 長い人生の相談相手として、信頼し合える関係の構築を目指す長い人生の相談相手として信頼し合える関係の構築を目指す

弁護士 榎木貴之

無料相談のご予約はこちらから

052-433-2305【受付時間】9:30〜18:30(平日)10:00〜18:00 (土曜) 夜間・土日祝日受付窓口のご案内

相談予約・お問い合わせ

榎木法律事務所

〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目13-7 西柳パークビル2F

052-433-2305【受付時間】9:30〜18:30(平日)10:00〜18:00 (土曜)

無料相談予約

夜間・土日祝日受付窓口のご案内

ページの先頭へ

ホーム

© 榎木法律事務所 All Rights Reserved.

© 榎木法律事務所 All Rights Reserved.